世界史の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

世界史の過去問 第11595問 出題

問題

世界史上で起こった反乱について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

7世紀に建国された(1)の支配体制は、755年に勃発(ぼっぱつ)した【ア】により、大きく動揺することになる。この反乱はウイグルの援助などもあって平定されるが、国力は衰退した。唐は塩の専売などの財政政策により体制の立て直しを図ったが、(2)9世紀後半に起こった黄巣の乱によって壊滅的な打撃を受け、その後、節度使の朱全忠によって滅ぼされた。(3)唐の滅亡は東アジア世界全体に大きな影響を与え、周辺諸国の興亡や自立を促すこととなった。

問 下線部(2)の時期に起こった出来事について述べた文として正しいものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。
 1 . 
ムンハマドが、イスラーム教を創始した。
 2 . 
グプタ朝が、北インドを統一した。
 3 . 
フランク王国が、三つに分裂した。
 4 . 
ガーナ王国が崩壊した。

この世界史 過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1、610年頃のことなので、年代が合いません。

2、320年のことなので、年代が合いません。

3、870年のことなので、これが正解です。
メルセン条約により東フランク、西フランク、イタリアの三国に分かれました。これが、現在のドイツ、フランス、イタリアの基礎になっていきます。

4、11Cのことなので、年代が合いません。
評価後のアイコン
2017/05/04 02:39
ID : hxgrxodf
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この世界史 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。