語呂合わせはほどほどに | 社労士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

語呂合わせはほどほどに

覚えることが多い社労士試験では私も語呂合わせにお世話になりました。ただ、法改正が毎年行われるので語呂で覚えることで弊害も発生することがあるんです。

社労士試験で覚えることは不変じゃない!

いい国(1192)作ろう鎌倉幕府って語呂合わせが今は間違いなんだそうですね。
学生の頃から試験勉強では語呂合わせをよく使って覚えづらい事柄なんかを忘れないようにしたものでした。
社労士試験でも覚えづらい事項の対策で語呂合わせをやはりしました。
ただ、比較的覚えづらい数字関連などを頭に叩き込むのに重宝する語呂合わせですが、歴史と違って社労士試験に関わる法律は毎年のようにどこかしらが改正されています。

そのため今年覚えた語呂はその年の内に使い切るという意識が必要です。

また、早くから語呂合わせで覚えようとすると、試験の年の4月前までの改正が試験範囲になるため、テキストが対応していない部分を語呂で覚えてしまった場合は、新しい情報で覚えなおさなければならなくなります。

覚えなおすという行為自体は、テキストをそのまま覚える行為が比較的無機的で記憶から抜け落ちやすいため、覚え直しも比較的容易です。
語呂で覚える行為は有機的な記憶情報のため覚えると抜け落ちにくくなるものの、その情報に対して修正が必要になった場合、記憶がしっかりと定着しているため覚え直しが困難になります。

普段からなじみの薄い労働社会保険諸法令のしかも覚えづらい数字関連を中心とした事項を覚えるのに、語呂合わせはとても便利ですが、始めから頼ってしまうと法改正という罠に引っかかる可能性があります。

語呂合わせで覚えるのに適したタイミングって??

始めから語呂合わせに頼るよりも、まずは語呂合わせに頼らずに覚える癖をつけて欲しいところです。
それを踏まえて、こんなタイミングで覚えるのがベストな語呂合わせの使い方といえるでしょう。

  • これ以上の変更がなくなる、試験年の4月を過ぎたタイミング
  • テキストや知識の修正をしっかり行った後のタイミング

それでも苦手な部分について語呂合わせを使って覚える

語呂合わせで覚えるということは簡単に知識が抜けなくなるということです。その年の試験合格が出来ないと翌年の試験では枷になるかもしれないという気持ちを持って試験に臨んで欲しいところです。そうすることで、よりその年の試験で絶対に合格したいという気持ちが強まるはずですよ。

この授業に関連した授業
社労士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。