社会保険労務士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保険者と被保険者

健康保険を利用して病院にかかりますが、書類に記載したり病院から保険者を聞かれて、自分の名前なのか、何かの団体なのか、よくわかないと聞いた事があります。また、雇用保険法、国民年金法、厚生年金保険法、健康保険法等を勉強していると、保険者、被保険者の種類についても覚える必要があります。保険者と被保険者の違いを確認しましょう。

被保険者の「 被 」って?

簡単に言うと、

給付をされる人、保険の対象の人

という意味です。

健康保険法の保険者と被保険者は?

分かりやすい健康保険法で、保険者と被保険者を確認してみましょう

全国健康保険協会と健康保険組合とは?

全国健康保険協会

全国健康保険協会は、別名「 協会けんぽ 」と言われます。
前の社会保険庁で運営していた政府管掌保険を引き継いで運営するために、平20年10月に設立されました。

加入者は、健康保険組合、共済組合、同一業種の組合員の国保組合等以外の保険に、強制加入や任意加入する事業所以外の中小企業等で働く従業員とその従業員の家族になります。

支部は各都道府県におかれ、保険料率は各都道府県によって異なります。


健康保険組合

主に大企業やグループ企業等が自分の所で健康保険事業の運営を行うことにした、代行的性質のある公法人です。

設立には任意設立と強制設立があり、任意設立には単一組合と総合組合があります。

保険料率は独自に決めることができ、付加給付をつけたりもできます。

保険料負担は労働者と事業主の折半負担ではなく、労働者の負担を軽くすることも可能です。

被扶養者は誰の事?

健康保険で被扶養者について聞かれる場合があります。

被扶養者とは誰の事でしょうか。

被( =される人 ) 扶養・・・扶養される人になりますので、

配偶者・子供など、被保険者に扶養される人のことになります。

被保険者の種類と資格取得要件

健康保険の被保険者は、以下に分かれます。

主に一般の被保険者と任意継続被保険者が多いので、資格取得要件を見ていきましょう。


一般の被保険者の資格取得要件は以下になります。

通常の労働者と比べて、所定労働時間・所定労働日数が4分の3以下でも、以下の要件に該当する場合は被保険者になります。

任意継続被保険者は、退職後も在職中の健康保険に加入することですが、協会けんぽでは、任意継続被保険者になれる要件は以下の通りです。

任意継続の保険料は、今まで事業主との折半負担だったのが、全額自己負担になります。( 上限あり )

被扶養者がいる場合も自分で届け出る必要があります。

最後に・・・

色々な法律で被保険者という呼称が出てきますので確認する必要がありますが、保険者と混同しないようにしましょう。

社労士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。