労働組合について | 社労士 | 社会保険労務士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

労働組合について

毎年、春闘の時期になると、ニュースで労働組合という名称が報道されますが、労働組合とはなんでしょうか。

労働組合とは

労働組合とは、労働者が主体となって、自主的に賃金や労働時間等の労働条件の維持改善、経済的地位向上を図るために組織された団体です。

使用者と団体交渉を行い、ストライキ等の団体行動を行うことができます。

この労働者には、現在使用されている労働者だけでなく、失業者も労働者に含まれることとされています。

労働組合と使用者は労働条件等の権利を具体化するために、労働協定を締結することができます。

労働組合の種類とメリットについて

日本では主に、「 企業型労働組合 」と「 合同労組 」があります。

企業型労働組合

企業型労働組合は、特定の企業の従業員が集まって組織している労働組合です。

この企業型労働組合が複数集まり産業別労働組合をつくり、さらに産業別労働組合が集まって連合となり、春闘等を行うことがあります。

合同労組

合同労組は、個人で加入できる労働組合で、ユニオンとも呼ばれます。

労働組合には、「使用者側」・「労働者側」の立場から見た、それぞれのメリットがあります。

使用者側

  • 労使で協力して職場環境改善の努力ができる。
  • 組合員である従業員との信頼関係の強化。
  • 組合員である従業員の意見が把握しやすい。

労働者側

  • 労働者の意見や要求を伝えるが、それが使用者側に伝わりやすい。
  • 労使紛争の予防ができる。
  • 解雇等の一人で訴えにくい内容でも、労働組合を通して使用者側に伝えてもらえる場合がある。
  • 使用者の労働環境に関する一方的な悪化の暴走を防ぐことができる。

不当労働行為とは?

使用者は、次の行為をしてはなりません。

  • 労働組合の加入員であることや加入すること等を理由として、解雇等の不利益な取り扱いをすること
  • 労働組合に加入しないことや、脱退することを雇用条件とする黄犬契約の禁止( 例外あり )
  • 正当な理由なく団体交渉を拒否すること
  • 使用者が労働組合に対し、経理上の援助を与えること
  • 労働者の労働組合の結成・運営を支配し、介入すること
この授業に関連した授業
社労士 | 社会保険労務士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。