業務災害と通勤災害の範囲の違い | 社労士 | 社会保険労務士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

業務災害と通勤災害の範囲の違い

業務災害と通勤災害における保険給付の対象となるものは負傷、疾病、障害、死亡における事故に対して支給されます。その点では相違がありません。ただし業務災害は業務中の災害、通勤災害は就業場所への移動もしくは就業場所から帰宅途中というように場面が違います。したがって当然ながら業務災害と通勤災害の範囲には違いがあります。今回は、業務災害と通勤災害の範囲の違いについて触れていきます。

業務災害の範囲について

業務中の災害かどうか認められるためには、以下における両方の要件が認められる必要があります。

  • 業務起因性
  • 業務遂行性


業務起因性

業務起因性とは、労働者が事業主の指揮のもとで行動していた間に起きた事故をいいます。

業務遂行性

業務遂行性があることを前提に、その業務についていたならば起こりうるであろう傷病が現実に起こってしまったということです。

通勤災害の範囲について

通勤災害には、通勤途中に負傷する場合だけでなく、通勤途中の疾病もあります。それぞれのケースについて説明していきます。

通勤途中の負傷

通勤に通常ありがちな、危険が現実に起きた場合をいいます。

例えば、通勤途中に交通事故にあった場合などが考えられます。


通勤途中の疾病

通勤による負傷に起因する疾病その他通勤に起因することの明らかな疾病とするということが、労災保険法施行規則に規定されています。

例えば 通勤途中で自転車にぶつかり、そのときは特にどこにも痛みがなかったものの、数日後にそれが原因で頭痛が出るようになったことが認定された場合などが挙げられます。

業務災害と通勤災害に関する保険給付の相違点

業務災害と通勤災害における保険給付の対象となるものは、負傷・疾病・障害・死亡における事故に対して支給されます。

以下の場合においては、若干の違いがありますので簡潔に説明します。

  • 一人親方の通勤災害

一人親方の通勤災害については、住居と就業場所との間の移動が明確でないことから通勤災害に関する保険給付は対象とされないことになっています。

  • 休業給付の待期期間

休業給付は、賃金を受けない日の3日間は支給対象外とされています。

通勤災害については労働基準法において事業主の休業補償の対象外とされているためです。

  • 打切補償との関係

傷病年金の支給は、打切補償の対象とされていません。

  • 療養給付の医療費負担

療養給付の医療費については、原則として200円を負担することとされています。

この授業に関連した授業
社労士 | 社会保険労務士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。