司法書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

合資会社と合同会社と合名会社

株式会社以外に、合資会社、合同会社、合名会社という会社形態が存在することをご存知ですか?これらの会社についてのお話です。

持分会社について

株式会社以外に設立できる会社には、合同会社、合名会社、合資会社があります。

この株式会社以外の3つの会社を総称して、持分会社といいます。

持分会社というのは、基本的に出資者と経営者が一致する会社形態のことです。

出資者は全員「 社員 」となります。

株式会社では、所有と経営の分離が原則となり、出資者である「 株主 」と経営を行う「 取締役等 」が分かれていることと対照的です。

持分会社の場合、経営者は外部の出資者の意向を気にせず、株式会社に比べて自由に会社運営を行うことができます。

持分会社に新たな社員を入れるには、原則として総社員の同意による定款変更が必要となるため、知らぬ間に社員が増えて経営に参画するということができません。

そのため、持分会社は、基本的に規模を拡大していく予定がなく、身内や知っている人同士で経営を続ける予定の会社として需要があります。

社員の責任の違い

合同会社・合名会社・合資会社は、社員が負う『 債権者に対する責任の違い 』によって分かれます。

合名会社、合同会社は最低一人で会社を設立することができます。

合資会社は無限責任社員と有限責任社員が存在する必要があるため、最低二人いないと設立することができません。


有限責任社員

有限責任社員は、弁済すべき損害について自分の出資額の限度内で連帯責任を負います。
つまり、自分が出資した以上には、会社の債務を弁済する義務がありません。


限責任社員

無限責任社員は、会社に対して無限の責任を負います。

合同会社の社員は全員有限責任であり、その点は株式会社と同じです。

まとめ

持分会社と株式会社の違いは、所有( 出資 )と経営の分離がされているか否かということです。

持分会社である合同会社・合名会社・合資会社の違いは、社員が債権者に対して負う責任の違いだということができます。

司法書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。