司法書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社債権者集会について

株主に株主総会があるように、社債権者には社債権者集会があります。そんな社債権者集会についてのお話です。

社債権者とは

株式会社は、社債を発行することができます。

社債とは、株式会社が資金調達を図るため、債券の形で発行する有価証券のことです。

投資家が会社に出資する株式とは異なり社債は会社に資金を貸す形をとるため、会社にとっては債務となり、会社は一定の期間経過後に社債権者に対して元金を弁済( 償還 )しなければなりません。

株主は会社の出資者であるのに対し、社債権者は会社の債権者となります。

社債権者集会とは

株主の意思決定機関として株主総会があるように、社債権者には社債権者集会があります。

株主総会の場合、毎年の決まった時期に「 定時株主総会 」がありますが、社債権者集会は定期的に開催されるものではありません。

社債権者にとって重大な利害を有する事項に関して、臨時的に招集されるものです。

社債権者集会は、必要がある場合にはいつでも招集することができます。

社債権者集会の招集は、原則として社債発行会社又は社債管理者が行いますが、ある種類の社債の総額の10分の1以上の社債を有する社債権者は、「 目的 」と「 理由 」を示し、招集の請求をすることができます。

社債権者集会の決議は、出席者の議決権の総額の過半数の議決権者の同意によって決定します。

議決権の数は、社債権者の持つ種類の社債の金額の合計額に応じます。

以下のような重要な事項を可決するには決議要件が重くなり、『 議決権者の議決権の総額の5分の1以上
』かつ『 出席した議決権者の議決権の総額の3分の2以上の議決権者の同意 』が必要となります。

司法書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。