司法書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

消費貸借について

消費貸借というと、お金の貸し借りをイメージする人が多いのではないでしょうか。そんな消費貸借についてのお話です。

消費貸借契約とは

当事者の一方( 借主 )が同種類・同等・同量の物を返還することを約束して相手方( 貸主 )から金銭等を受け取ることによって成立する契約のことです。

もっとも一般的なのはお金の貸し借りである、金銭消費貸借契約です。

p11057711488930033603.jpg

消費貸借契約は、同じ質量の物を返す約束で、物を受け取ることができるという契約です。

同じ質、量の物を返せばよく、借り受けた物そのものを返さなくても構いません。
借りた物そのものは、消費してしまうのが通常です。

つまりは、

金銭消費貸借契約の場合、受け取ったお札と同じお札を返す必要はなく、同じ金額を返せばよいということです。

消費貸借契約の特徴

消費貸借契約は、要物契約です。

要物契約とは、物の交付、授受を必要とする契約のことです。

金銭消費貸借契約の場合だと、金銭の授受がなければ契約が成立しません。
契約締結の意思表示のみでは契約の効力は生じません。

借りた物を返す義務が消費貸借契約の本質なので、借りていない( 交付されていない )物を返す債務が発生するのは不公平だからです。

一方、契約の当事者の意思表示が合致するだけで目的物の引渡しなどがなくても成立する契約を諾成契約といいます。

また、消費貸借契約は、借りた方の人が一方的に返済する債務を負う、片務契約です。

貸主側は、何の債務も負いません。

一方、売買契約のように当事者の双方( 売主、買主 )が互いに対価的な意義のある債務を負う契約を、双務契約といいます。

物の返還の時期について

消費貸借契約で借りた物は、いつ返さなければいけないのでしょうか。
それは、返還の時期( 弁済期 )を契約の時に定めているかによって変わります。

弁済期を定めている場合

借主が期限の利益を喪失するのは、債務者が破産手続開始決定を受けるなど民法上の規定に該当する場合と、契約書に定められた期限の利益喪失事由( 2回続けて返済を遅延した場合等 )に該当する場合があります。

この場合、債権者は弁済期前でも全額の弁済を債務者に請求できます。

弁済期を定めていない場合

p4127711489584697216.jpg
司法書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。