司法書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

株主名簿について

株主名簿は、株式会社が作成を義務付けられている帳簿の一つです。そんな株主名簿についてのお話です。

株主名簿とは

株主名簿とは、文字通り株主に関する名簿のことであり、会社法の規定により、株式会社には作成が義務付けられています。

株主名簿には、決まった書式はありませんが、記載しなければいけない事項が会社法で定められています。

会社法により株主名簿に記載しなければならないと定められている「株主名簿記載事項」は、以下の通りです。

会社法では、株券を発行しない会社(株券不発行会社)が原則となっています。

株券不発行会社では、株主が登録事項を証明するために、「株主名簿記載事項の証明書」の交付を請求することができます。

株主名簿の閲覧

株式会社は、株主名簿を本店に備え置かなければなりません。

そして、株主と債権者は、会社の営業時間内であれば、請求する理由を明らかにして、株主名簿の閲覧を請求することができます。

この閲覧請求に対して、基本的に会社は拒否することができません。
ただし、次のような場合は、閲覧を拒否することができます。

不正な目的でなければ、基本的には閲覧可能ということです。

株主名簿の名義書き換え

株式の譲渡や株主の相続などにより、株主が変わった場合、新たに株主となった人は、株主名簿の書き換えを行わなければ、会社に対して自分が株主であることを対抗できません。

会社の会計処理上、いちいち真の株主を個別に判断していては手続きが煩雑になりすぎて、会社の運営に支障があるので、画一的に株主名簿上の株主を「株主」として扱うことにしているのです。

会社は、定款に定め、その旨の登記をすることにより、株主名簿管理人を設置することができます。

株主名簿管理人とは、株式会社からの委託を受け、株主名簿の作成や備置きおよびその他の株主名簿に関する事務を、株式会社に代わって行う者(会社)のことです。

司法書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。