宅地建物取引士資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

固定資産税について

固定資産税は2年に1回程度出題される分野です。所得税などと比べ、とても簡単ですのでしっかりとマスターしましょう。

固定資産税とは?

固定資産税とは、固定資産を所有していると課される税金のことです。

所有に対する課税ですので、所有している限りは毎年課税されます。

固定資産税での「固定資産」にあたるものは以下のものとなります。


固定資産税の概要について見てみましょう。

・課税主体:市町村(東京都は都)

・課税客体:固定資産

・納税義務者:毎年1月1日の時点においての所有者
(質権者の場合は質権者が、地上権者の場合、一定の条件を満たせば地上権者が所有者となる)

・課税標準:毎年1月1日時点での固定資産課税台帳に登録されている価格
(実際の価格ではありません。固定資産課税台帳に登録される価格は3年に1度見直しがされます)

・徴収方法:普通徴収

・税率:1.4%

・納付期限:各地方行政団体の条例において定める

固定資産税が非課税となる場合

課税金額が以下の場合は非課税となります。

土地:30万円未満
家屋:20万円未満
償却資産:150万円未満

◆ゴロ暗記◆
父  さ  ん  を  家  に  固  定  す  る
(土地:30万)(家屋:20万円)(固定資産税)

住宅用地の特例

住宅用地の所有の場合、固定資産税の課税額が少なくなります。

小規模住宅用地(住宅用地面積200㎡以下):登録価格×6分の1
一般住宅用地(住宅用地面積200㎡超部分):登録価格×3分の1

p156116051510396397653.jpg
宅建 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。