抵当権について | 宅建の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

抵当権について

今回は「抵当権」について勉強して行きます。抵当権の概要、そして宅建試験における「抵当権」で注意すべき点を確認していきましょう。

「抵当権」とは

「抵当権」とは担保権の一つです。具体的には、債務の担保として、優先的に対象物を競売にかけ、お金に換える権利です。

尚、抵当権を設定できるものは、不動産、地上権、永小作権になります。
(賃借権には設定できません。)

「質権」と「抵当権」の違い

担保の権利として皆さんの頭に思い浮ぶのは「質権」ではないでしょうか。
では、「抵当権」と「質権」は何が違うのでしょうか。

その大きな違いは、権利の対象となっている「目的物」の「支配者」です。
質権の場合は、債権者が目的物を所有しますが、抵当権の場合は、債務者が目的物を所有できるのです。

例えば不動産などだったら、債権者も所持するには大変ですし、債務者も自分の不動産を使用できますので、場合によっては「質権」より設定しやすいです。

それでは、具体例を見ていきましょう。

AはBから200万円を借りていましたが、Cからも200万円を借りていました。
そして、Aが持っている担保資産は土地200万円のみです。
この場合、もしAがBとCに対し債務不履行になった際、BとCが担保の土地から受け取ることができるのは、平等に100万円ずつです。
しかし、もしBが当該土地に抵当権を設定しておけば、Aが債務不履行になった際、
Cよりも優先的に土地を競売にかけ、200万円を回収できるのです。

また、Aは抵当権が発動するまでは、その土地を使用することができます。

ちなみに、この例の場合、Aを抵当権設定者(土地を担保に入れた人)、Bを抵当権者(抵当権を持っている人)と呼びます。

抵当権の特徴

さて、そんな抵当権ですが、下記のような特徴があります。
非常に重要なので、きちんと確認しましょう。

  • 付従性:被担保債権(担保で守られるべき債権)が成立しないなら、担保権も成立しない
  • 随伴性:第3者に被担保債権が移った場合、抵当権も移る
  • 不可分性:被担保債権が回収されるまで、担保権は分けることができない
  • 物上代位性:担保として出された目的物が消失した場合、その保険などで代位することができる(例:担保として出していた家が火事になった時、火災保険の金額を担保とする)

ただし、物上代位性に関しては、発動するためには、差し押さえが必要です。
例えば、保険金でしたら、その保険金が債務者に払われる前に、その保険金を差し押さえることが必要です。

また、抵当権は抵当権者、抵当権設定者との合意で成立します。(口頭でも可能です。)
実際は紛争回避のために契約書を作成しますが、諾成契約なので「合意確認書」にしかすぎません。

宅建での「抵当権」

宅建では「抵当権」は必須項目です。そして、聞きなれない分野だと思いますので対策が十分必要です。
具体的には、上記の「抵当権の特徴」をしっかり把握することから始めましょう。
また、賃借権には「抵当権」が設定されないことにも注意です。

今回のまとめ

それでは、今回の「抵当権」のまとめを見ていきましょう。

  • 抵当権は、債務者に所有を残したまま、債務不履行の際に、目的物を優先的に競売し、債権回収を図れる権利
  • 「付従性」「随伴性」「不可分性」「物上代位性」の特徴がある。
  • 抵当権を設定できるものは、不動産、地上権、永小作権
  • 賃借権には設定できない

難しい分野かもしれませんが、がんばりましょう!
それでは、ありがとうございました。

この授業に関連した授業
宅建試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。