遺言及び遺留分について | 宅建の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

遺言及び遺留分について

今回は、遺言および遺留分について勉強していきます。この分野は、必ず宅建試験で問われるテーマなので、しっかり勉強するようにしましょう。

遺言について

遺言とは亡くなる前の最後の意思表示になります。

その方の最後の意思として、強力に保護されます。ではその特徴を見ていきましょう

  • 遺言は15歳以上になれば誰でも残すことができます。
  • 遺言は自由に取り消すことができ、さらに、新しい遺言を残した場合は、前の遺言は破棄されたと考えられます。

遺留分とは?

さて、では遺留分とは何でしょうか。
遺言では、自由に自分の財産の分配を指定することができます。
しかし、これが完全に実行されると困るケースもあるのです。

例えばAさんには前妻Bさんとの間にCという子供がおり、現在の妻Dさんとの間にEという子供がいるとしましょう。
Aさんの個人的な意思でBさんとCに自分の財産を分配すると遺言を残した場合、DさんとEは非常に困ってしまいます。

Dさん、Eにも、財産を継ぐ権利を確保したのが、「遺留分」です。

ちなみに遺言で定められた相続遺産を減殺し、自分の遺留分を確保することもできます。

これを「遺留分減殺請求権」と呼びます。

留分には次のような特徴があります。

  • 遺留分を確保できるのは「兄弟姉妹を除く法定相続人(配偶者、親、胎児を含む子供)」である。
  • 遺留分を放棄する場合、家庭裁判所の許可を受けなければならない。
  • 遺留分減殺権は意思表示のみで足りる。

まとめ

遺言と遺留分についてまとめてみましょう。

  • 遺言は15歳以上ならだれでも可能。
  • 遺言は取り消すことが可能。より新しいものが効力を発揮する。
  • 遺留分とは「兄弟姉妹を除く法定相続人」が自分の相続分を確保する権利
  • 遺留分の放棄は家庭裁判所の許可を得なければならない

民法の中でも、面白い分野の一つだと思います。
しっかり得点できるよう頑張りましょう。

この授業に関連した授業
宅建試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。