不動産登記法について | 宅建の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

不動産登記法について

今回は不動産登記法について勉強していきます。不動産登記の方法について、確認していきましょう

不動産登記について

不動産は売買などにより、その所有者が変わったり、付属する権利が変わったりします。
そこで、取引を安全に行えるようにするためにその不動産について

誰が、どんな権利を持っているのかを明らかにした

のが、不動産登記です。

不動産を登記する登記簿の構造は以下のようになっています。

  • 表題部:不動産の物理的情報が記載されている(立地、面積など)
  • 権利部:権利について記載されている。甲区(所有権など)と乙区(抵当権など)に分かれている

登記に関するルール

まず、表題部分は1ヶ月以内に登記する必要があります。

1ヶ月以内にできない場合、登記官による嘱託登記(登記官の職権による登記)が行われます。

例えば、Aさんが新しく不動産を購入した場合。
1ヶ月以内に、Aさんは表題部にAさんが購入した物件の面積などを記載し登記する必要があります。

対して、権利部は登記の必要はありません。

また登記のタイミングは、売主と買主が同時で行うことになります。

ここでいう

売主を「権利者」、買主を「義務者」

とよびます。

まとめ

さて、それでは今回勉強した内容をおさらいしてみましょう。

  • 表題部は不動産の物理的情報、権利部は所有権や抵当権などの権利が記載されている
  • 表題部は一か月以内に登記する必要あり
  • 権利部は登記申請義務は無い
  • 登記する際は、義務者(売主)と権利者(買主)が同時に行う必要がある

マイナーな所ではありますが、ポイントを把握して、効率よく勉強していきましょう。

この授業に関連した授業
宅建試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。