過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26959問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品副作用被害救済制度に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  救済給付は、すべて請求の期限が定められている。

b  医療機関での治療を要さずに寛解したような軽度な副作用は、給付の対象とならない。

c  健康被害を受けた本人又は家族が給付を請求する窓口は、都道府県である。

d  給付費には、医薬品製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充てられている。
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、c)
   3 .
(b 、d)
   4 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成26年度 医薬品の適正使用と安全対策 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正しいものの組み合わせは3です。

誤っているものについては以下のとおりです。

a. 請求期限に定めがあるのはすべてではありません。救済給付のうち、「障害年金」と「障害児養育年金」には定めがありません。

c. 文中の「都道府県」の部分が誤りで「独立行政法人医薬品医療機器総合機構」が正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
医薬品副作用被害救済制度について、
・救済給付は、医療費・医療手当てが5年以内(原則は入院治療を必要とする程度の場合)、遺族年金・遺族一時金・葬祭料が死亡から5年以内、障害年金・障害児養育年金が請求期限なしとなっています。
・医療機関での治療を要さずに寛解したような軽度の副作用や医薬品の不適正使用による健康被害は、給付の対象となりません。
・給付の請求先は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構となっております。
・救済給付業務に必要な費用は、給付費について、製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充られるほか、事務費については、その1/2相当額は国庫補助により賄われています。
となっております。

よって、
aは「すべての請求に期限の期限が定められている」が「給付の種類によって請求期限が定められている」となるので間違い。
bは問題文の通りなので正しい。
cは「都道府県」が「独立行政法人医薬品医療機器総合機構」となるので間違い。
dは問題文の通りなので正しい。
となるので、bdの組み合わせの3が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。