過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28879問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の効き目や安全性に影響を及ぼす要因に関する記述について、誤っているものはどれか。
   1 .
薬理作用とは、薬物が生体の生理機能に影響を及ぼすことをいう。
   2 .
医薬品の副作用は、薬理作用によるものとアレルギー( 過敏反応 )に大別される。
   3 .
医薬品の主作用以外の反応で、特段の不都合を生じないものであれば、通常、副作用として扱われることはない。
   4 .
複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、別の疾病の症状を悪化させることはない。
( 登録販売者試験 平成27年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
医薬品の効き目や安全性に影響を及ぼす要因について、
・薬理作用とは、薬物が生体の生理機能に影響を及ぼすことをいいます。
・医薬品の副作用は、薬理作用によるものとアレルギー( 過敏反応 )に大別されます。
・医薬品の主作用以外の反応で、特段の不都合を生じないものであれば、通常、副作用として扱われることはありません。
・複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、別の疾病の症状を悪化させることがあります。
そのため、複数の疾病を有する人は医師や薬剤師などにその旨を伝えることが大切です。
となります。

よって、
1は問題文の通りなので正しい。
2も問題文の通りなので正しい。
3も問題部の通りなので正しい。
4は「症状を悪化させることはない」が「症状を悪化させることがある」となり間違い。
となるので、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は4です。

1→薬理作用とは、薬物が生体に影響を及ぼしたときに表れる作用のことです。
例として、興奮作用や刺激作用、抑制作用などがあります。

2→ 副作用とは、医薬品を服用したことによる本来の目的以外の作用のことをいいます。
アレルギーは、医薬品を摂取することにより体の免疫機能が過剰に反応し、有害な症状を引き起こすことです。

3→ 世界保健機関(WHO)では、副作用とは医薬品を通常量服用した際に表れる有害で意図しない作用のことであるとしています。
通常、人体に悪影響を及ぼさないような作用は、副作用として扱われません。

4→医薬品の作用は一つではなく様々です。
そのため、ある症状には効果的でも別の症状に対しては有害である場合もあります。
複数の疾病がある場合には、医師や薬剤師に相談することが必要です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.2.3.は言い回しに迷うことがあるかもしれませんが、正しい内容です。
4.「ある疾病のために使用された医薬品の作用が、別の疾病の症状を悪化させることはない。」特定の症状のために処方した医薬品が、他の症状に対して害を及ぼすこともあるので、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。