過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第39584問」を出題

問題

[ 設定等 ]
セルフメディケーションと一般用医薬品の販売時における情報提供に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、購入者に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
b  高熱や激しい腹痛がある場合など、症状が重いときであっても、まずは一般用医薬品を使用するよう勧めることが適切な対処である。
c  一般用医薬品を一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには、医療機関を受診して医師の診療を受けるよう勧める必要がある。
d  情報提供は、必ずしも医薬品の販売に結びつけるのではなく、医薬品の使用によらない対処等を勧めることが適切な場合もある。
   1 .
a:正  b:正  c:誤  d:誤
   2 .
a:誤  b:誤  c:誤  d:正
   3 .
a:誤  b:正  c:正  d:誤
   4 .
a:正  b:誤  c:正  d:正
   5 .
a:正  b:正  c:正  d:正
( 登録販売者試験 平成30年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
解答:4

a.正
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすることがセルフメディケーションの考えです。
専門家の意見や情報を聞いたうえで、使う人が自分で商品を選択し使用するため、使う人に合った適切な情報提供が重要になっています。

b.誤
症状が重い場合は、医療機関を受診することが基本です。
一般用医薬品は風邪や頭痛など日常生活でよく起こる症状の初期に使用します。

c.正
漫然と使用すると、悪化したり、根本となる病気を見逃す可能性があるため、医薬品を売るだけでなく、受診をすすめることも重要です。

d.正
セルフメディケーションは、使う人の生活の質の向上や健康の維持などが本来の目的なので、医薬品を販売する際には、販売するだけでなく、状況に応じた情報提供が必要となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
答:4

a:正  世界保健機関(WHO)の定義では、セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とされています。
2017年からは、セルフメディケーション税制が始まり、平成31年4月15日時点で特定の86成分を含むOTC医薬品が対象となっています。

b:誤  一般用医薬品の役割は、軽度な疾病に伴う症状の改善などであり、症状が重い場合には一般用医薬品で対処するのではなく、医療機関を受診する必要があります。

c:正  受診勧奨を行うことも、セルフメディケーションを適切に支援する一つの方法です。

d:正  適切な情報提供を行うことは、セルフメディケーションの主役である一般の生活者が、日常において健康や生活の質を向上することにつながります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。