医薬品の副作用について | 登録販売者の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

医薬品の副作用について

医薬品には症状を抑える一方、副作用もつきものです。副作用発生の原因や、症状の軽微なものから重いものまで、対応別に見ていきたいと思います。

副作用発生の原因

まず注意しなければならない点は、医薬品には必ずと言っていいほど副作用があるということです。

正しく服用しても副作用は発生する可能性があります。

適正使用量や記載の年齢制限をまもらなかったなど、服用する際の間違いによるものが挙げられます。

軽微な副作用

めまい、口渇、吐き気など比較的軽微な副作用が発生するリスクは高く、多くの医薬品で見られます。

お客様から相談があった場合には、副作用の症状に加えて併用している薬の有無なども聞き取りを行います。

症状自体が軽い場合でも、安易に考えてはいけません。

服用を続けることでより重大な副作用が起きてしまう可能性がありますので、お客様には服用を中止して医師の診察を受けていただくよう、説明をしましょう。

重篤な副作用

一般用医薬品でも、

  • SJS( スティーブンズジョンソン症候群 )
  • 間質性肺炎
  • 中毒性表皮壊死症

など命に関わる副作用発生のリスクはあります。

実際に毎年、例が報告されています。

登録販売者として、重篤な副作用についてはしっかり学習しておくことが必要です。

接客にあたる際に知っておくべき点は、「 医薬品副作用被害救済制度 」の存在です。

万が一、お客様から重篤な副作用の報告があった場合は、医師に相談することとともにこの制度をお知らせする必要があります。

この授業に関連した授業
登録販売者試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。