過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問を「全問」出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 718
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 718
クリア

合格者一覧へ
医薬品の本質に関する記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
医薬品回収の措置は、医薬品の製造販売業者の責任により行われるものであり、医薬品の販売を行う者は、回収の情報に注意を払う必要はない。
 2 . 
医薬品は、必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、その役割を十分に発揮する。
 3 . 
薬事法では、健康被害の発生の可能性がない場合に限り、医薬品に異物等の混入、変質等があってもよい旨を定めている。
 4 . 
一般用医薬品は、相対的に医療用医薬品ほど作用は強くないので、保健衛生上のリスクに注意する必要はない。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718

この過去問の解説(4件)

評価する
8
評価しない
1 誤りです。
医薬品の販売などを行う者においても、速やかに製品回収などの措置を行うことができるように、回収情報等には日頃から注意することが必要です。

2 正解です。

3 誤りです。
健康被害の発生の可能性がなくても、異物の混入や変質があってはならないことが薬事法で定められています。

4 誤りです。
医薬品は人の身体構造や機能に直接影響をもたらす生命関連製品です。そのため、医療用医薬品はもちろん、一般用医薬品であっても、使用には保健衛生上のリスクを伴うものであるため注意が必要です。
評価後のアイコン
2015/04/17 23:43
ID : ynvvbopmva
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解:2

1 ×:医薬品回収の措置は、医薬品の製造販売業者の責任により行われるものであるが、医薬品の販売を行う者であっても、速やかに回収できるよう回収の情報に注意を払う必要があります。

2 ○

3 ×:健康被害の発生の可能性に関わらず、医薬品に異物等の混入、変質等があってはなりません。

4 ×:一般用医薬品は、相対的に医療用医薬品ほど作用は強くないですが、保健衛生上のリスクに注意する必要があります。
評価後のアイコン
2015/04/30 23:41
ID : crsfcgjmuh
評価する
5
評価しない
正解は2です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1→医薬品回収は、当該商品を市場にそのまま置いておくことができないことでもあります。円滑に対応できるよう、販売を行うものであっても常に新しい情報の把握に対する努力が必要です。

3→薬事法は平成26年11月に「医薬品、医療機器等への品質、有効性及び安全の確保等に関する法律」に改められました。その法の中で「健康被害の発生の有無にかかわらず、医薬品に異物等の混入、変質等があってはならない」とあります。

4→一般医薬品は適正に使用されなければリスクを伴います。自殺を目的に風邪薬や睡眠薬を大量に服用する例もあります。

評価後のアイコン
2015/05/27 06:37
ID : wpoxudbb
評価する
4
評価しない
正解:2

1:品質不良な医薬品の使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のためには、医薬品の販売を行う者も医薬品の回収情報に注意を払う必要があります。薬事法の第六十八条の九 を確認しておきましょう。

2:医薬品は使い方を誤れば効果が出ないばかりでなく、かえって健康を害することもあります。医薬品の適正な使用のために必要な情報は、医薬品を使用するものに適切に伝えられなければなりません。

3:医薬品は正しく品質が保証されたものでなければ製造販売してはいけません。

4:一般用医薬品は医療用医薬品より作用が強くないのは確かですが、副作用がないというわけではありません。また使い方を誤れば、保健衛生上のリスクも生じる場合があります。
評価後のアイコン
2015/04/12 11:42
ID : vyjkaghdu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。