過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者「平成27年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 118
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 118
クリア

合格者一覧へ
医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。


a  一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すればリスクは相対的に低いと考えられるが、科学的な根拠に基づく適切な理解や判断によって適正使用が図られる必要がある。

b  医薬品は、人体にとって有益であり、医薬品が人体に及ぼす作用はすべて解明されている。

c  一般の生活者は、添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもある。

d  一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、常に医薬品の有効性、安全性等の新しい情報の把握に努める必要がある。
 1 . 
a 正   b 誤   c 正   d 正
 2 . 
a 正   b 正   c 正   d 誤
 3 . 
a 正   b 正   c 誤   d 誤
 4 . 
a 誤   b 正   c 誤   d 正
 5 . 
a 誤   b 誤   c 正   d 正
( 登録販売者試験 平成27年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は1です。

a→ 自己判断で使用するのではなく、添付文書をよく読み、用量用法を守って使用しなければなりません。
必要な場合には医師や薬剤師、登録販売者等の専門家の指示を仰ぐことによって、医薬品を適切に使用することができます。

b→ 医薬品は体外から取り入れるものなので、人体に有益なものばかりではありません。
医薬品による薬理作用には、効果だけでなく副作用もあります。
医薬品が人体に及ぼす作用についてはすべてが解明されているわけではなく、現在も研究が行われています。

c→ 医薬品に関する知識が少ないと、誤解したり認識不足が生じたりすることがあります。
誤った認識のままに医薬品を使用すると健康被害につながる恐れもありますので、十分注意するとともに、専門家にアドバイスを求めることも大切です。

d→ 医薬品の有効性、安全性については常に情報が更新され続けていますので、医療従事者は最新情報を把握しておくように努める必要があります。
そうすることによって、消費者に対して常に的確な情報提供を行うことができるといえるでしょう。
評価後のアイコン
2018/05/07 20:35
ID : jkysffvvk
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
医薬品の本質について、
・一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すればリスクは相対的に低いと考えられますが、科学的な根拠に基づく適切な理解や判断によって適正使用が図られる必要があります。
効果効能・用法用量・副作用等の必要な情報が適切に購入者に伝達されて初めてその役割を発揮できるものです。
・医薬品は、人体には異物であって、必ずしも有益な効果のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応を生じる場合もあります。
また人体に及ぼす作用は、そのすべてが解明されているわけではありません。
・一般の生活者は、添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもあります。
なので専門家が関与して専門用語をわかりやすく伝える等の情報提供が必要です。
・一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、常に医薬品の有効性、安全性等の新しい情報の把握に努める必要があります。
医薬品は市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっています。
となります。

よって、
aは問題文の通りなので正しい。
bは「人体にとって有益であり、医薬品が人体に及ぼす作用はすべて解明されている」が「人体には異物であって、必ずしも有益な効果のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応を生じる場合もある」となり間違い。
cは問題文の通りなので正しい。
dも問題文の通りなので正しい。
となるので、1の組み合わせが正解です。
評価後のアイコン
2018/04/14 12:05
ID : dgdtffcrva
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。