過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者「平成30年度」の過去問を出題

問題

医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。
b  医薬品は、多くの場合、人体に取り込まれて作用し、効果を発現させるものである。
c  医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性や安全性等の確認が行われる仕組みとなっている。
   1 .
a:正  b:正  c:誤
   2 .
a:正  b:誤  c:正
   3 .
a:誤  b:正  c:正
   4 .
a:誤  b:正  c:誤
   5 .
a:誤  b:誤  c:正
( 登録販売者試験 平成30年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問1 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
答:3

a:誤  殺虫剤で健康を害したり、検査薬の結果を正しく判断せずに受診の機会を失うなど、人体に対して使用されない医薬品も人の健康に影響を与えることがあります。

b:正  ほとんどの場合、人体に取り込まれて作用します。

c:正  市販後にも、有効性、安全性等の確認が行われ、随時新たな情報が添付文書や製品表示に反映されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解:3です

a.誤りです
医薬品は人間にとって異物です。殺虫剤や動物用の医薬品なども人体に影響を及ぼす可能性があります。

b.正解です

c.正解です
販売が開始された医薬品については、販売後も有効性・安全性の確認を行ったり、新たな副作用などの情報収集なども行います。GPSPやGVPなどの基準に基づいて行われます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は 3 です。

a:誤

殺虫剤のように人体に対して使用されない医薬品も、人の健康に影響を与えるものといえます。また同様に、人体に対して直接使用されない検査薬であっても、その検査結果が正しく解釈されなければ、適切な治療を受ける機会を失うなどして、人の健康に影響を与えるおそれがあります。

b:正

薬物が生体の生理機能に影響を与えることを、薬理作用といいます。

c:正

医薬品は市販後も有効性と安全性を維持するために、随時、必要な情報が新たに付加されます。

そのため、登録販売者は常に新しい情報の把握に努める必要があります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:3 誤 正 正

医薬品の本質に関する正誤問題

a 誤:殺虫剤などは、人体に悪影響を及ぼす可能性があります。

b 正:問題文の通りです。

c 正:問題文の通りです。その結果、リスク区分の見直しなどが行われています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。