過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者「令和2年度」の過去問を出題

問題

医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a  医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品である。
b  医薬品が人体に及ぼす作用は、複雑、かつ、多岐に渡っているが、そのすべてが解明されている。
c  医薬品は、製造販売業者による製品回収等の措置がなされることがあるので、医薬品の販売等を行う者は、製造販売業者等からの情報に日頃から留意しておくことが重要である。
d  人体に対して使用されない医薬品の殺虫剤であれば、誤って人体がそれに曝(さら)されても、健康を害することはない。
   1 .
a:正  b:正  c:正  d:誤
   2 .
a:誤  b:誤  c:正  d:正
   3 .
a:正  b:正  c:誤  d:正
   4 .
a:正  b:誤  c:正  d:誤
   5 .
a:誤  b:誤  c:誤  d:正
( 登録販売者試験 令和2年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は4です。

a(正)、b(誤)、c(正) 、d(誤)

b→医薬品が人体に及ぼす作用は、全てが解明されているわけではありません。そのため、期待される効果以外の好ましくない反応である副作用を生じる場合があるのです。

d→本来人体に対して使用することを前提に作られたものではないので、誤って人体に使用された場合は当然副作用の危険が生じます。
また検査薬についても、人の健康に影響を与えるものなので合わせて覚えましょう。


その他選択肢について
文章のまま覚えてしまうと良いです。特に選択肢aについては、似たような単語に置き換えられていることが多いので注意してください。
例)〇人の疾病の診断、治療 ×人の疾病の診断、診療
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正しい組み合わせは4です。
a~dの各選択肢については以下のとおりです。

a.正しいです。
文のとおりです。

b.誤りです。
文中の「そのすべてが解明されている」というのが誤りです。
人体に及ぼす作用として「~の症状が見られ」
「~傾向がある」とわかっているものも
ありますが、持病や体質、他の薬を服用しているかどうかなどいろいろなことが影響します。すべてが解明されているわけではありません。

c.正しいです。
文のとおりです。
 また、医薬品の回収について製造販売業者などには薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で報告義務が定められています。

d.誤りです。
人体に向かって噴霧されたわけでなくても、
喘息などの呼吸器疾患のある人が、
スプレー剤で噴霧されたものを吸い込むことで喘息発作が起こった例が報告されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。