過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者「平成25年度(地域1)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 120問 正解) 全問正解まであと120問
一般用医薬品の主な安全対策に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。
 1 . 
解熱鎮痛成分が配合されたアンプル入りかぜ薬は、その使用による重篤な副作用(ショック)が確認されたため、厚生省(当時)より関係製薬企業に対し、その回収が要請された。
 2 . 
塩酸フェニルプロパノールアミン含有医薬品については、用法・用量を守っていたにもかかわらず、脳出血等の副作用症例が多数報告されたため、厚生労働省より関係製薬企業に対して、販売中止が要請された。
 3 . 
小柴胡湯は、インターフェロン製剤との併用例による間質性肺炎が報告されたことから、インターフェロン製剤との併用は禁忌とする旨の使用上の注意の改訂がなされた。
 4 . 
一般用かぜ薬の使用上の注意において、「まれに間質性肺炎の重篤な症状が起きることがあり、その症状は、かぜの諸症状と区別が難しいため、症状が悪化した場合には服用を中止して医師の診療を受ける」旨の注意喚起がなされている。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 医薬品の適正使用・安全対策 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
17
評価しない
正しいものは、1,3,4です。

誤っている2についてですが、副作用症例の多くは「用法・用量の範囲を超えた使用又は禁忌とされている高血圧症患者の使用によるもの」でした。そのため、販売中止ではなく、使用上の注意の改訂、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩等への切り替え指示がなされました。
評価後のアイコン
2015/06/27 09:08
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
一般用医薬品の主な安全対策について、
・解熱鎮痛成分が配合されたアンプル入りかぜ薬は、その使用による重篤な副作用(ショック)が確認されたため、厚生省(当時)より関係製薬企業に対し、その回収が要請されました。
・塩酸フェニルプロパノールアミン含有医薬品については、用法・用量を超えた使用または禁忌とされている高血圧症患者の使用により、脳出血等の副作用症例が多数報告されたため、厚生労働省より関係製薬企業に対して、使用上の注意の改訂、情報提供の徹底、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩等への速やかな切り替えが指示されました。
・小柴胡湯は、インターフェロン製剤との併用例による間質性肺炎が報告されたことから、インターフェロン製剤との併用は禁忌とする旨の使用上の注意の改訂がなされました。
・一般用かぜ薬の使用上の注意において、「まれに間質性肺炎の重篤な症状が起きることがあり、その症状は、かぜの諸症状と区別が難しいため、症状が悪化した場合には服用を中止して医師の診療を受ける」旨の注意喚起がなされています。
となります。

よって、
1は問題文の通りなので正しい。
2は「用法・用量を守っていたにもかかわらず、脳出血等の副作用症例が多数報告されたため、厚生労働省より関係製薬企業に対して、販売中止」が「用法・用量を超えた使用または禁忌とされている高血圧症患者の使用により、脳出血等の副作用症例が多数報告されたため、厚生労働省より関係製薬企業に対して、使用上の注意の改訂、情報提供の徹底、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩等への速やかな切り替え」となり間違い。
3は問題文の通りなので正しい。
4も問題文の通りなので正しい。
となるので、1・3・4が正解です。
評価後のアイコン
2018/04/19 16:07
ID : dgdtffcrva
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。