薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16460問 出題

問題

懸濁液における粒子の沈降速度と比例関係にあるものはどれか。1つ選べ。
ただし、粒子は球状でありストークスの法則が成り立つものとする。
 1 . 
分散媒の密度
 2 . 
粒子の密度
 3 . 
分散媒の粘度
 4 . 
粒子の半径
 5 . 
粒子の半径の2乗

この薬剤師 過去問の解説(4件)

評価する
3
評価しない
正解は 5 です。

懸濁液における粒子の沈降速度(v)は、Stokes式によって求めれらます。

v=h/t=(p-p₀)g/18η×d²=2(p-p₀)g/9η×r²

h:沈降距離 t:沈降時間 p:分散相(粒子)の密度 p₀:分散媒の密度
g:重力加速度 η:分散媒の粘度 d:粒子の直径 r:粒子の半径

よって選択肢のうち、粒子の沈降速度と比例関係にあるのは、粒子の半径の2乗となります。
評価後のアイコン
2015/09/10 22:18
ID : rdfpfyebwq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:5

球形粒子が一定速度で沈降する仮定のもとでストークスの法則が成立します。

v=h/t=(p-p₀)g/18η×d²=2(p-p₀)g/9η×r²

略語
v(m/s)、d(粒子径:m)、r²(粒子径二乗:m)
p(粒子の密度:kg/m3)
p₀(流体の密度:kg/m3)
g (重力加速度:m/s2)
η(粘度:Pa・s)

密度が高くて大きい粒子ほど沈降速度が早いのがイメージできます。
評価後のアイコン
2016/03/02 23:38
ID : cknkxohybn
評価する
1
評価しない
球形粒子が一定速度で沈降する仮定のもとでストークスの法則が成立します。

v=h/t=(p-p₀)g/18η×d²=2(p-p₀)g/9η×r²

略語
v(m/s)、d(粒子径:m)、r²(粒子径二乗:m)
p(粒子の密度:kg/m3)
p₀(流体の密度:kg/m3)
g (重力加速度:m/s2)
η(粘度:Pa・s)

密度が高くて大きい粒子ほど沈降速度が早いのがイメージできます。
評価後のアイコン
2016/03/01 22:45
ID : cknkxohybn
評価する
1
評価しない
ストークスの法則は以下となります。

v=g(p-p₀)/18η×d²

p:個体の密度
p₀:液体の密度
η:溶液の粘度
g:重力加速度<定数>
d:粒子の直径

式より、沈降速度は粒子の半径の2乗に比例するので、正解は5となります。
評価後のアイコン
2015/11/02 15:19
ID : bvzqzwhdqj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。