過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

部分受容体刺激薬に関する記述として正しいものはどれか。1つ選べ。

 1 . 
受容体の立体構造を変化させる力は完全受容体刺激薬と同等である。
 2 . 
完全受容体刺激薬の存在下で相乗作用を示す。
 3 . 
固有活性によって最大作用が決まる。
 4 . 
内因性受容体刺激物質の作用を変化させない
 5 . 
濃度を上げれば受容体を最大限に活性化する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

選択肢1:×
完全受容体刺激薬より弱いです。

選択肢2:×
完全受容体刺激薬と同じ受容体に作用するので、相乗効果は示しません。

選択肢3:○

選択肢4:×
変化させるものもあります。

選択肢5:×
濃度を上げると、受容体に対する占有度は100%にすることができます。
最大限に活性化するには、固有活性が1である必要があります。

2015/11/24 14:55
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。