過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

部分受容体刺激薬に関する記述として正しいものはどれか。1つ選べ。

 1 . 
受容体の立体構造を変化させる力は完全受容体刺激薬と同等である。
 2 . 
完全受容体刺激薬の存在下で相乗作用を示す。
 3 . 
固有活性によって最大作用が決まる。
 4 . 
内因性受容体刺激物質の作用を変化させない
 5 . 
濃度を上げれば受容体を最大限に活性化する。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
1

選択肢1:×
完全受容体刺激薬より弱いです。

選択肢2:×
完全受容体刺激薬と同じ受容体に作用するので、相乗効果は示しません。

選択肢3:○

選択肢4:×
変化させるものもあります。

選択肢5:×
濃度を上げると、受容体に対する占有度は100%にすることができます。
最大限に活性化するには、固有活性が1である必要があります。

2015/11/24 14:55
ID : bvzqzwhdqj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解:3

部分受容体刺激薬とは、受容体に結合するものの、完全受容体刺激薬よりも作用が弱い薬のことです。

1 部分受容体刺激薬は、完全受容体刺激薬よりも立体構造を変化させる力が弱いこともあるので、同等であるとは言えません。

2 相乗作用とは、それぞれの薬が異なる受容体に作用する場合に働く効果のことです。完全受容体作動薬と、部分受容体刺激薬は同じ受容体に作用するので、相乗作用は示しません。

3 固有活性とは薬物の能力を表す指標となるものです。固有活性によって薬物の最大作用が決まります。

4 内因性受容体刺激物質とは、体内で作られるカテコラミンなどのことです。部分作動薬の中には、内因性受容体刺激物質の作用に影響を与えるものもあります。

5 薬物濃度を上げることで受容体への結合率を高めることは出来ますが、固有活性が1でなければ受容体を最大限に活性化することは出来ません。

2017/05/18 22:36
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
この問題に関連する授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。