過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式はどれか。1つ選べ。

 1 . 
Henderson - Hasselbalch 式
 2 . 
Langmuir 式
 3 . 
Augsberger 式
 4 . 
Arrhenius 式
 5 . 
Cockcroft - Gault 式
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:2

1 Henderson-Hasselbalchの式とはpHとpKa及び分子形、イオン形の濃度の関係を表した式でpHを求める時などに使われます。

2 Langmuir式は単分子層の吸着量に関する方程式でタンパク質と薬物の結合の解析に用いられます。

3 Augsberger式は小児薬物量を算出する式で(年齢×4 + 20)/100 × (大人量)で表されます。

4 Arrhenius式は医薬品の分解反応における温度と反応速度定数の間にある関係を表す式です。

5 Cockcroft-Gault 式はクレアチニンクリアランスを求める式で、どの程度の速度で尿中に排出されるかを表す数値です。

2017/05/19 20:59
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1、Henderson - Hasselbalch 式は水素イオン濃度(pH)と酸性度(pKa)を結びつける等式で、緩衝液のpHや酸塩基反応の化学平衡状態を調べるのに用いられます。

2、Langmuir 式は表面の吸着を単分子層のみと過程して、一定温度における吸着量と圧力の相関関係を表した式です。血漿タンパク結合の解析にも用いられます。

3、Augsberger 式は小児薬用量の計算方法式です。

4、Arrhenius 式は、ある温度での化学反応の速度を予測する式です。

5、Cockcroft - Gault 式は血清クレアチニン濃度、年齢、体重から、クレアチニンクリアランスを推定する式です。

よって、回答は2となります。

2014/11/29 09:30
ID : sbsbrdfeu
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
この問題に関連する授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。