過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 必須問題    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

腸肝循環を受けやすい薬物はどれか。1つ選べ。

 1 . 
リチウム
 2 . 
ゲンタマイシン
 3 . 
セファレキシン
 4 . 
プラバスタチン
 5 . 
アシクロビル
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:4

腸肝循環とは、肝臓で合成された胆汁が十二指腸に分泌され、小腸で再吸収されて門脈を経て肝臓に戻ってくることを言います。

リチウム、ゲンタマイシン、アシクロビルは腎排泄の薬物です。

腸肝循環を受けやすい薬物としては、クロラムフェニコール、インドメタシン、ジゴキシン、ジギトキシン、モルヒネ、ワルファリンなどが知られています。

2017/05/19 21:09
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0


腸管循環は、体内の薬物が胆汁とともに十二指腸に排出された後、腸管から再度吸収され、門脈を経て肝臓に戻ることをいいます。主にグルクロン酸抱合を受けた薬物が、腸管循環を受けやすいです。

腸管循環を起こしやすい薬剤として、クロラムフェニコール、インドメタシン、ジゴキシン、ワルファリン、モルヒネがあります。しかし、本問にはこれらの薬物は入っていない為、消去法で答えを出します。

1、リチウムは腎代謝です。

2、ゲンタマイシンはアミノグリコシド系で、他のアミノグリコシド同様、腸管から吸収されません。

3、セファレキシンはセフェム系抗菌薬で、腎代謝です
(一部のセフェム系は腎代謝以外の薬物もある為、要注意)

5、アシクロビルは腎代謝です。

消去法より、回答は4となります。

2014/11/29 10:22
ID : sbsbrdfeu
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。