薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16522問 出題

問題

風しんについて誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
妊娠初期の罹患は胎児に奇形を発症させるリスクがある。
 2 . 
RNA ウイルスによる感染である。
 3 . 
発しんは、治療しなくても数日で消退する。
 4 . 
特異的 IgM 抗体が急性期の血清中に出現する。
 5 . 
予防には、不活化ワクチンを接種する。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【5】

1.妊娠中に感染してしまうと、胎児は先天異常を発症するリスクが高くなります。先天性心疾患、難聴、白内障などが挙げられます。

2.風しんは、直径60〜70nmのRNAウイルスです。

3.発疹は、1週間前後で消失します。

4.急性期に特異的IgM抗体が検出されます。

5.風疹は、生ワクチンです。定期接種で麻疹と混合して接種します。
評価後のアイコン
2015/01/18 21:14
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1、正しいです。
妊娠初期に妊婦が風疹ウイルスに初感染すると、胎児に心奇形・難聴・白内障を起こす先天性風疹症候群(CRS)を引き起こします。

2、正しいです。

3、正しいです。
3~5日程度で発疹が消えるので、「三日はしか」とも言われます。

4、正しいです。
特異的IgM抗体が検出され、確定診断に用いられます。

5、誤りです。
風疹ワクチンは生ワクチンです。
評価後のアイコン
2014/11/29 12:26
ID : sbsbrdfeu
評価する
0
評価しない
正解:5

1 妊娠中に母体が風しんウイルスに感染すると、胎盤を通して胎児にも感染します。

2 風しんウイルスはRNAウイルスです。

3 感染により、発熱や発疹が現われますが、3日ほどで症状は消失します。

4 感染してすぐの急性期にはIgM抗体が上昇し、回復期にはIgG抗体が上昇します。

5 風しんの予防には生ワクチンを用います。通常MR混合ワクチンとして摂取されます。
評価後のアイコン
2017/08/01 23:52
ID : vycbkjhj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。