薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16529問 出題

問題

薬剤師法に定める薬剤師の任務又は業務でないのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
調剤
 2 . 
医薬品の供給
 3 . 
処方せん中の疑わしい点の意思、歯科医師又は獣医師への照会
 4 . 
調剤した薬剤についての患者等への情報提供
 5 . 
検査のための採血
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この薬剤師 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解【5】
1.薬剤師法第19条です。

2.薬剤師法第1条です。

3.薬剤師法第24条です。

4.薬剤師法第25条の2です。

5.薬剤師の任務、業務ではありません。
評価後のアイコン
2015/01/11 22:11
ID : zgrptkxfgo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:5

人体から採血をすることは医業に該当します。医業は医師でなければしてはいけません。よって、薬剤師は採血をしてはなりません。
調剤、医薬品の供給、処方せん中の疑わしい点の医師、歯科医師又は獣医師への照会、調剤した薬剤についての患者等への情報提供は、薬剤師の任務として薬剤師法に規定されています。
評価後のアイコン
2017/08/03 16:42
ID : vycbkjhj
評価する
0
評価しない
正解【5】
薬剤師法に5以外は明記されています。

1条:薬剤師は、「調剤」、「医薬品の供給」その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。

24条:処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その「疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」。

25条の2:薬剤師は、販売または授与の目的で販売した時には、患者または現にその看護にあたっているものに対し、「調剤の適正な使用のために必要な情報を提供し、及び必要な薬学的な知見に基づく指導を行わなければならない」。
評価後のアイコン
2016/09/02 21:26
ID : ukamahrst
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。