過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師の過去問「第16544問」を出題

問題

三環系抗うつ薬に対して過敏症の既往歴のある患者に使用を避けるのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
フェノバルビタール
 2 . 
カルバマゼピン
 3 . 
フェニトイン
 4 . 
アセタゾラミド
 5 . 
ジアゼパム
( 薬剤師国家試験 第99回 必須問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解:2

カルバマゼピンは抗てんかん薬ですが、三環系抗うつ薬に構造が類似しています。そのため三環系抗うつ薬に過敏症の既往歴がある患者には禁忌です。
評価後のアイコン
2017/08/10 00:43
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2】

1.フェノバルビタールは催眠・鎮静・抗けいれん薬です。バルビツール酸系に過敏症のある方に禁忌です。

2.カルバマゼピンは三環系構造を持つ唯一の抗てんかん剤です。そのため三環系抗うつ薬で過敏症を起こしたことのある方では交叉過敏の恐れがあり禁忌となっています。

3.フェニトインは抗てんかん剤です。ヒダントイン系化合物に過敏症のある方には禁忌です。

4.アセタゾラミドは炭酸脱水酵素抑制剤で、緑内障やてんかんなど、様々な疾患に用いられます。スルホンアミド系化合物に過敏症のある方に禁忌です。

5.ジアゼパムはマイナートランキライザーです。
評価後のアイコン
2016/09/03 11:49
ID : ukamahrst
評価する
-1
評価しない
正解【2】

カルバマゼピンは、脳神経・末梢神経細胞のナトリウムチャネルを遮断する抗てんかん薬で、三環系抗うつ薬に構造が類似しています。
評価後のアイコン
2015/01/30 21:54
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。