過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)    薬剤師 過去問 | 無料の過去問題

問題

骨格筋、心筋及び平滑筋に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
骨格筋の収縮には、ムスカリン性アセチルコリン受容体が関与する。
 2 . 
心筋細胞では、細胞外からのCa2+流入は細胞質のCa2+濃度の上昇に関与しない。
 3 . 
平滑筋は、細胞内cAMP濃度が上昇すると弛緩する。
 4 . 
骨格筋、心筋及び平滑筋の収縮は、いずれも運動神経によって調節されている。
 5 . 
クレアチンリン酸は、骨格筋においてATPの供給源となる。
この薬剤師 過去問の解説(2件)
0

正解:3.5

1 骨格筋の収縮には、ニコチン性アセチルコリン受容体が関与します。
運動神経終末から分泌されたアセチルコリンがNM受容体に働き、細胞内にNaが流入します。
すると脱分極をおこし、Caが放出されて筋収縮をおこします。

2 心筋細胞の収縮には、細胞外のCa流入が関与しています。

3 平滑筋の細胞膜上には、Gsタンパク内臓型受容体があります。
受容体が刺激されると、ATPからcAMPが生成され、これがプロテインキナーゼAを活性化し、弛緩します。

4 骨格筋は運動神経、心筋及び平滑筋は自律神経により調節されています。

5 クレアチンリン酸は、ATPの不足時に、ADPからATPの合成に利用されます。
よって骨格筋において、ATPの供給源となります。

2017/06/13 01:38
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解【3・5】
1.骨格筋の収縮は、アセチルコリンが放出され筋細胞の膜の受容体が結合し、筋細胞が興奮することで収縮が起こります。

2.筋細胞は(滑走説)によると、筋小胞体から供給されたCa2+の細胞内の増加から収縮が起こります。よって心筋細胞では細胞質のCa濃度の上昇に関与します。

3.正しい記述です。

4.骨格筋は、運動神経によって調節できます。しかし、心筋及び平滑筋は、不随意筋で自分の意思により動かすことができません。よって自律神経により調節されますので、誤りです。

5.正しい記述です。

2015/03/01 20:22
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 薬剤師国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この薬剤師 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。