過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

逆転層と大気の安定度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
放射性逆転は、地表近くにおいてよりも上空においての方が生じやすい。
 2 . 
盆地などの低地において、冷たい空気が周りの斜面に沿って降りてきて起こる逆転のことを地形性逆転という。
 3 . 
寒気団が暖気団の下に入り込んで起こる逆転のことを沈降性逆転という。
 4 . 
逆転層内では汚染物質(例えば煙突の煙)は拡散しやすい。
 5 . 
実際の大気の気温減率(高度が上がるにしたがって気温が下がる割合)が乾燥断熱減率(0.98°C/100m)よりも大きいとき、大気は不安定となる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解【2・5】

1.普段は上空の方が低温ですが、夜間の放射冷却によって、地表面の空気が冷やされることを放射性逆転といいます。よって地表近くの方が生じやすくなります。

2.正しい記述です。

3.高気圧内で沈降気流がおきることを沈降性逆転といいます。記述は、前線性逆転です。

4.逆転層では、大気汚染物質が拡散しにくく、さらに無風だと滞留しやすい特徴をもっています。大気汚染に繋がります。

5.正しい記述です。

2015/02/20 21:27
ID : zgrptkxfgo
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。