薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16595問 出題

問題

逆転層と大気の安定度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
放射性逆転は、地表近くにおいてよりも上空においての方が生じやすい。
 2 . 
盆地などの低地において、冷たい空気が周りの斜面に沿って降りてきて起こる逆転のことを地形性逆転という。
 3 . 
寒気団が暖気団の下に入り込んで起こる逆転のことを沈降性逆転という。
 4 . 
逆転層内では汚染物質(例えば煙突の煙)は拡散しやすい。
 5 . 
実際の大気の気温減率(高度が上がるにしたがって気温が下がる割合)が乾燥断熱減率(0.98°C/100m)よりも大きいとき、大気は不安定となる。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.5

1 放射性逆転は、日没後に地表面から急速な熱放射が起こり、下層の気温が上層の気温よりも急速に低下することで起こります。
上空ではなく、地表面で起きやすい現象です。

2 地形性逆転は、盆地や谷間で発生しやすい現象です。

3 寒気団が暖気団の下に入り込んで起こる逆転のことを、前線性逆転といいます。

4 逆転層が形成されると、大気汚染物質は上空へ拡散しにくくなるため、大気汚染が進む要因になります。

5 大気の気温減率が乾燥断熱減率よりも大きいと、地表面と上空との気温差が大きくなり、空気の入れ替えも大きくなります。
そのため、大気は不安定となります。
評価後のアイコン
2017/06/20 22:21
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2・5】

1.普段は上空の方が低温ですが、夜間の放射冷却によって、地表面の空気が冷やされることを放射性逆転といいます。よって地表近くの方が生じやすくなります。

2.正しい記述です。

3.高気圧内で沈降気流がおきることを沈降性逆転といいます。記述は、前線性逆転です。

4.逆転層では、大気汚染物質が拡散しにくく、さらに無風だと滞留しやすい特徴をもっています。大気汚染に繋がります。

5.正しい記述です。
評価後のアイコン
2015/02/20 21:27
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。