薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師の過去問 第16621問 出題

問題

感染症治療薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
テイコプラニンは、リボソームの 50S サブユニットに結合し、タンパク質の合成を阻害する。
 2 . 
ジダノシンは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の逆転写酵素を阻害し、HIVの増殖を抑制する。
 3 . 
テルビナフインは、スクアレン-2,3-エポキシダーゼを阻害し、真菌細胞膜成分のエルゴステロールの生合成を阻害する。
 4 . 
フルシトシンは、ラノステロールC-14脱メチル化酵素を阻害し、真菌細胞膜成分のエルゴステロールの生合成を阻害する。
 5 . 
リファンピシンは、ペプチドグリカン前駆体と結合し、細胞壁の合成を阻害する。

この薬剤師 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解:2.3

1 テイコプラニンは、細胞壁の前駆体であるペプチジル-D-アラニル-D-アラニンと結合して、細胞壁の合成を阻害します。

2 ジダノシンは、HIVの逆転写酵素を阻害することで、HIVの増殖を抑制します。

3 テルビナフィンは、抗真菌薬です。エルゴステロールの合成を阻害することにより、真菌の細胞膜の合成を抑制します。

4 フルシトシンは、真菌細胞内で脱アミノ化された後、5-フルオロウラシルとなり、チミジル酸合成酵素を阻害することで、核酸合成を抑制します。

5 リファンピシンは、DNA依存性DNAポリメラーゼを阻害することで、RNA合成を抑制します。
評価後のアイコン
2017/06/29 01:30
ID : vycbkjhj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解【2・3】

1.テイコプラニンは、細菌細胞壁のペプチドグリカン合成阻害します。リボソームの 50S サブユニットと結合ではありません。

2.正しい記述です。

3.正しい記述です。

4.フルシトシンは、真菌細胞に取り込まれ,シトシン脱アミノ酵素により5-FUとなり,真菌の核酸合成系等を阻害します。

5.リファンピシンは細菌のRNAポリメラーゼに直接作用してRNA合成の開始反応を阻害します。
評価後のアイコン
2015/03/13 21:35
ID : zgrptkxfgo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。