過去問.com

薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

36歳男性。体重70kg。気管支ぜん息の治療中である。吸入ステロイド薬で良好にコントロールされていたが、急性発作により、夜間救急を受診した。
サルブタモール硫酸塩の吸入を反復したが改善せず、アミノフィリン点滴静注の処方が出された。

この患者における定常状態での血中テオフイリン濃度を15μg/mLとしたい。
テオフィリンの点滴静注速度(mg/h)として適切な値はどれか。1つ選べ。
ただし、この患者におけるテオフィリンの血中消失半減期は7時間分布容積は32L、ln 2=0.693とする。

 1 . 
12
 2 . 
24
 3 . 
36
 4 . 
48
 5 . 
60
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

半減期T1/2が7hrなので
T1/2=ln2/Ke→7=0.7/Keより
消失速度定数Keは0.1です。

分布容積Vdが32Lなので
クリアランスCL=Ke・Vd→CL=0.1×32=3.2
クリアランスは3.2

以上より定常状態の血中濃度Cssは、
Css=点滴静注速度X/CL→15=X/3.2
点滴静注速度は48で、選択肢4となります。

2015/09/04 15:55
ID : bvzqzwhdqj
border line
薬剤師国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。