過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師の過去問「第28497問」を出題

問題

[ 設定等 ]
薬剤師が医師に同行して、糖尿病治療中の在宅患者を訪問した際、患者の家族よりおしりが赤くなっていると訴えがあった。医師が診察したところ、尾骨部周辺から多くの滲出液がでていた。薬剤師は、医師から「褥瘡になっている。まず、外用剤に滲出液を吸収させたい。適切な薬剤はないか。」と相談された。

後日、この患者の処方せんを薬局がファクシミリで受け取った。薬剤師は、再度患者宅を訪問し、以下の業務を行った。適切なのはどれか。2つ選べ。
   1 .
薬剤の効果を確かめるために、患者から同意を得た上で採血を行い血糖を測定した。
   2 .
患者が服薬しやすいように服薬カレンダーに薬剤をセットした。
   3 .
患者宅の残薬が服用可能であったため、薬剤師の判断で処方された数量を変更して調剤した。
   4 .
薬剤の効果が不十分と考えられたため、処方医に疑義照会した。
   5 .
薬剤の副作用が発現していると考えられたため、薬剤師の判断で服用量の減量を指示した。
( 薬剤師国家試験 第100回 薬学実践問題(法規・制度・倫理/実務) 問300 )

この過去問の解説

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。