薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

アセチルコリン受容体とは

医薬品の薬理作用を考える意味でも非常に重要な役割をはたす受容体の一つであるアセチルコリン受容体。その存在部位や作用点についてまとめてみましょう。

アセチルコリン受容体の種類は?

アセチルコリン受容体は、神経伝達物資をアセチルコリンとする受容体です。

アセチルコリン受容体には、大きく分けて以下の2種があります

ニコチン受容体はニコチンに反応し、ムスカリン受容体はムスカリンに反応するためこの名前が付けられましたが、どちらもアセチルコリンを神経伝達物質するアセチルコリン受容体です。

それぞれの受容体の特徴についてもう少し詳しくまとめてみましょう。

ニコチン受容体について

ニコチン受容体は、イオンチャネル型受容体です。

受容体にイオンチャネルが組み込まれています。

アセチルコリンやニコチンが受容体に作用することで、イオンチャネルが開口し活動電位が発生することで作用を示します。

ニコチン受容体の存在部位

ニコチン受容体は、その存在部位によってさらに2種に分類されます。


ニコチン受容体の分類

Nn 受容体は、交感神経・副交感神経のシナプスに存在します。
つまりどちらの神経も Nn 受容体の刺激によって活性化されます。

交感神経と副交感神経が同時に興奮することはなく、その作用の度合いは各臓器がどちらの神経支配が強いかで異なります。

ムスカリン受容体について

ムスカリン受容体は、Gタンパク質共役型受容体です。

神経伝達物質であるアセチルコリンの刺激によって、Gタンパク質を介して情報伝達を行います。

末梢で副交感神経終末部で効果発現するのが、ムスカリン受容体です。

ニコチン受容体の存在部位

ムスカリン受容体は、さらに5つのサブタイプに分かれます。


サブタイプ別の主な存在部位


各臓器でのムスカリン受容体の作用

まとめ

ニコチン受容体とムスカリン受容体についてまとめてみました。

アセチルコリン受容体は主に副交感神経の興奮をつかさどる受容体ですが、骨格筋以外はムスカリン受容体の支配となっています。

多くの医薬品はムスカリン受容体に対する医薬品がほとんどです。

それぞれの特徴もあわせてしっかり覚えておきましょう

p249104014939843621481.jpg
薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。