内服ステロイドの長期使用による副作用について | 薬剤師の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

内服ステロイドの長期使用による副作用について

副腎皮質から分泌されるホルモンは抗炎症作用・免疫抑制作用をもつため自己免疫疾患の患者さんに使用されます。その性質から長期に処方されることもある医薬品です。ここではステロイド薬の長期使用による副作用についてまとめてみましょう。

ステロイドとは?

医薬品としてのステロイドとは副腎皮質糖質コルチコイドを示します。

糖質コルチコイドの体内での働きには

  • 肝臓での糖新生
  • タンパク質代謝に関する作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫抑制作用
  • 骨形成低下作用
  • 胃酸分泌作用
  • 中枢神経興奮作用

などがあります。

ステロイド薬は抗炎症作用・免疫抑制作用を示すため、医薬品として利用されています。

それぞれ目的以外の作用が強く出たり、自己免疫異常だけでなくウィルスなどの外敵から身を守る免疫にも効果をあらわすために副作用が生じると考えられています。

ステロイド薬の副作用

ステロイド薬の主な副作用には以下のようなものがあります。


易感染性

  • 免疫機能を抑えすぎてしまうことで、感染症にかかりやすくなります。


骨粗しょう症

  • 骨芽細胞のアポトーシス誘導
  • 腸管からのカルシウム抑制作用

により骨粗しょう症のリスクが高まります。


高血糖

  • 肝臓での糖新生促進作用
  • 他機関での糖の使用抑制作用

によって血中のグルコースが増え高血糖となります。


消化性潰瘍

  • 胃酸分泌促進作用

により消化性潰瘍を発症することがあります。


精神症状

ステロイドの長期投与でよくみられる副作用です。
ステロイドサイコーシスとも呼ばれます。

  • 不眠
  • 抑うつ
  • 気分高揚など

の症状があらわれることがあります。


白内障および緑内障

  • 白内障( 目のレンズのくもりによる視力障害 )
  • 緑内障( 眼圧が上昇することによる視力障害 )

いずれも生じる可能性があります。


筋力低下

ステロイドミオパチーとも呼ばれます。

  • ステロイドのタンパク質の異化作用

によって生じるといわれています。


骨壊死症

  • 骨が細胞のアポトーシス促進作用

により骨末端部細胞が死んでしまうことにより生じます。


高血圧

  • 鉱質コルチコイド作用

糖質コルチコイドであるステロイドですが、多少の鉱質コルチコイド作用も少なからずあわせもち、血圧を上昇させると考えられています。


副腎不全

  • 副腎萎縮

外からステロイドをとっているため、自己の副腎でのステロイド生成能力がなくなり副腎が委縮してしまいます。
この状態でステロイドを注意することで自己の副腎皮質ステロイドが量が足りず、生じる副作用です。


クッシング症候群

  • 脂肪組織での脂肪分解促進
  • 皮膚への障害

脂肪組織での脂肪を分解し異なる場所に脂肪がつくことで生じます。
ムーンフェイス( 満月様顔貌 )野牛肩などがあります。
皮膚への障害によりにきび・多毛などの症状あります。

これらの症状は長期投与特有の症状になり、クッシング症候群と呼ばれています

まとめ

ステロイド薬はすぐれた抗炎症作用・免疫抑制作用をもち自己免疫疾患やアレルギー疾患・ぜんそく発作など様々な分野で用いられています。

その反面、自己の副腎皮質ステロイド以上に体内に取り込むことで様々な副作用が生じるということも覚えておきましょう。

この授業に関連した授業
薬剤師試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。