薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

心房細動と脳梗塞

心房細動は近年、脳梗塞と関連のあることが分かってきました。血の塊が脳血管に詰まるのです。そこで、心房細動と脳梗塞に関して知識をまとめてみたいと思います。

心房細動とは

心房細動は、不整脈の一種です。

心臓は、4つの部屋に分かれていますが、下側の2つを心室、上側の2つを心房と言います。

洞結節から心房、房室結節、心室へと電気的な刺激が伝わります。

高齢化に伴い、肺静脈からという洞結節以外の電気的な刺激によって心房が興奮してしまうことがあります。

その結果、心房が微細なけいれんを引き起こし、不整脈を生じます。
毎分400-600回も心房が興奮しています。

この心房の興奮のある程度が房室結節を経て心室に伝わったとしても、通常の状態とそれほど変わらないため、心房細動に気付かないことがあります。

ところが、

心房細動により血栓ができ易くなっており、この血栓が血管を詰まらせてしまうのです。

心房細動と関連する脳梗塞

心房細動が原因で起こる脳梗塞を心原性脳梗塞と言いますが、心房細動が必ずしも脳梗塞を引き起こすとは限りません。

心房細動で生じた血栓によって起こるため、安静時であってもよく起こります。

脳梗塞の予防に用いられる薬を以下に挙げます。

また、脳梗塞が起きた際に用いられる薬を以下に挙げます。


ワルファリン

血液凝固因子の合成に必須のビタミンKの還元酵素を競合阻害することで、抗凝固作用を示します。

その結果、血栓ができることを防ぎ、脳梗塞の予防薬となります。

脳梗塞の再発予防には、抗血小板剤が用いられます。


ファスジル

Rhoキナーゼ阻害薬で、ミオシン軽鎖のリン酸化を阻害することで血管を拡張します。

急性期脳梗塞に対して使われます。


オザグレル

抗血小板剤で、血小板の凝集を抑制します。

再発の防止に使われ、発症して5日以内の投与が有効となっています。


アルガトロバン

アンチトロンビン非依存性抗トロンビン薬で、抗凝固作用を示します。


ウロキナーゼ

血栓溶解剤で、プラスミノーゲンを活性化して、血栓溶解作用を示すプラスミンとします。


エダラボン

フリーラジカルスカベンジャーとして活性酸素を消去することで、脳が活性酸素によって障害を受けることを防ぎます。

p531117914954493151974.jpg

まとめ

心房細動による血栓が原因で、心原性脳梗塞という脳梗塞が引き起こされます。

心房細動の起こる理由と、脳梗塞に関する薬物を確認しておきましょう。

p129911791496752554667.jpg
薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。