薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

妊娠初期に気をつけたい感染症

妊娠初期では薬の影響もありますが、ここでは妊娠初期に気を付けたい感染症について少しまとめてみましょう。

妊娠初期とは

妊娠初期とは妊娠0週から15週までをさします。

妊娠初期は器官形成期となります。

催奇形成されるのもこの時期となり、注意が必要な時期です。

妊娠初期に注意が必要な感染症

妊娠中はホルモンバランスの変化などにより感染症にかかりやすくなります。

感染症によっては流産の危険があがるだけでなく、催奇形性など生まれてきたあとに障害が残る可能性があります。

風疹


水疱瘡


リステリア菌


トキソプラズマ


性器クラミジア感染症


サイトメガロウィルス


りんご病

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。