薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

X線分析法について

X線分析法は化合物の構造を決定するのに用いられます。DNAの二重らせん構造もこうして解明されました。それ以外にも、X線の用途はあります。それでは、X線分析法に関する知識をまとめたいと思います。

X線分析法について

波長が短くてエネルギーの高い電磁波であるX線は、試料である物質に当たると特異的な現象が確認され、物質の解析に応用されています。

以下に、X線分析法について掲げています。

X線回折分析

X線が照射された結晶格子で回折を起こすことを利用して、結晶の構造を解析することができる分析方法です。

これにより、DNAの二重らせん構造、たんぱく質などの複雑な構造が解明されています。


蛍光X線分析

X線が照射された試料が、物質固有の蛍光X線を発することを利用して物質の成分や種類を特定することができる分析方法です。

結晶の他にも、美術品の鑑定や分析に用いられる非侵襲的な分析方法です。


X線吸収分析

X線を照射させることで、X線のエネルギーが特異的に吸収されることを利用して物質を定量する分析方法です。

たんぱく質の構造決定に有効なX線分析法

X線回折分析によって、結晶化されたたんぱく質の構造がわかります。

このX線構造を用いて、コンピューターを用いた創薬が行われています。

実際のたんぱく質は動的なもので常に動いていますので、結晶で得られた構造は一場面を示しているに過ぎません。

この点がコンピューター創薬の弱点ですが、スーパーコンピューターのようにコンピューターの性能が格段に向上しているため、創薬においてコンピューター創薬も重要な手法となっています。

レントゲン

身近なところでは、医療機関においてレントゲン検査があります。

これは、生体にX線を当てて、体内の状態を探るものです。

肺や胃などの病巣がレントゲンにより、その存在が確認されます。

このようにX線はとても役に立っているのです。

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。