薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

生薬について

生薬と言えば漢方薬が思い起こされますが、必ずしも漢方だけに限られません。そこで、生薬に関して知識を確認することにしましょう。

生薬について

自然に存在するものを原料として、天然のままか、ないしは加工を施して薬用としたもののことです。

東洋、及び、西洋に限らず、世界各地の民間薬として、生薬は利用されてきました。

以下に、生薬の原料となるものを区分しました。


植物性生薬

植物の草根木皮というさまざま部分が使われているものです。
そして、植物個体の全体を用いるものが民間薬に多く見られます。


動物性生薬

動物で大型のものに関しては、角(つの)、皮、骨など、体の一部が使われます。
また、小型動物の場合、個体全体を用いるものもあります。昆虫のようなものであれば、成虫や幼虫の全体が使われることがあります。


鉱物性生薬

極めて特殊な生薬で、岩石が使われます。また、水においては、泉や井戸の水が使われることもあります。

漢方について

中国において生薬に基づいた薬が日本にもたらされて、漢方として発達しました。その中には、日本において独自に発達した処方も存在します。

現在でも、西洋医学と同時に、漢方も医療では用いられています。

このように、現代にも生薬が実用的に使用されているのです。

代表的な漢方

現在でもよく処方される漢方としては、葛根湯(カッコントウ)、小柴胡湯(ショウサイコトウ)などが知られています。

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。