薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

内分泌と外分泌

生体において、分泌の仕方は、内分泌と外分泌に大別されます。これは導管によるものかどうかという違いがあります。そこで、内分泌と外分泌に関して、知識を確認したいと思います。

外分泌について

汗や唾などを分泌する組織において、導管という管からこれらが出される分泌の仕方を、外分泌といいます。

以下に外分泌を行う組織を示します。


粘液腺

生物の体表に存在する分泌腺です。主にムチンからなる粘液を、導管から出しています。


漿液腺

たんぱく質からなる消化酵素などを、導管から出しています。

内分泌について

導管に因らないで、ホルモンが血液中や体液中に直接出される分泌の仕方を、内分泌といいます。

以下に内分泌を行う組織を示します。


脳下垂体

間脳の下に位置する内分泌腺で、前葉、中葉、後葉からなります。
成長ホルモン、プロラクチン、甲状腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、メラニン細胞刺激ホルモン、オキシトシン、バゾプレッシンがここから放出されます。


甲状腺

頸部に位置する内分泌腺で、甲状腺ホルモンがここから放出されます。


副甲状腺

甲状腺の左右に1つずつ位置する内分泌腺で、副甲状腺ホルモンがここから放出されます。


副腎

腎臓の上に位置する内分泌腺で、更に副腎皮質と副腎髄質に分けられます。エピネフリン、ノルエピネフリン、ステロイドホルモンがここから放出されます。


ランゲルハンス島

膵臓に位置する内分泌腺で、α細胞からグルカゴン、β細胞からインスリンが放出されます。

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。