薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

骨格筋について

筋肉には「平滑筋」、「心筋」、「骨格筋」がありますが、骨とともに体を随意的に動かすことができるのは「骨格筋」です。それでは、骨格筋に関して理解を深めたいと思います。

骨格筋について

筋繊維である「平滑筋」と「心筋」と「骨格筋」において、平滑筋と心筋は「不随意筋」ですが、他方、骨格筋は「随意筋」で、意図的に動かすことが可能です。

骨格筋を形成するものは筋細胞、結合組織、血管、神経となり、また、横紋があるのが特徴です。そして、約400種類ほどの骨格筋が人体にはあります。

主な骨格筋には以下のものがあります。


上腕二頭筋

腕である上肢にある筋肉で、肘を曲げる際にできる、いわゆる力こぶと呼ばれるものです。
これは、肘を伸ばすことに関わる上腕三頭筋と拮抗する関係にあります。


広背筋

背中および腰を上腕骨と結びつけている筋肉で、腕を後ろに引くことに関わっています。


大腿二頭筋

大腿の後ろに位置する筋肉で、膝を曲げること、並びに、腿を後ろに引くことに関わっています。大腿では有名な大腿四頭筋も存在します。


ヒラメ筋

ふくらはぎに存在する筋肉で、形状がヒラメに似ていることからその名があります。足首を下側に動かすことに関わっています。

骨格筋の形状

太さは10-100 μmで、長さは5-12 cmになる筋繊維の集合体になります。

骨格に付いていることで、随意的な運動を行うことができます。

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。