薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

覚せい剤について

覚せい剤の服用が日本を始め、世界各国で社会問題になっています。そこで、覚せい剤に関して理解を深めることにしましょう。

覚せい剤について

かつては倦怠感を除くために服用されていた、中枢神経を刺激する薬物である覚せい剤の服用が、現在、広く社会問題になっています。

何故ならば、常用によって、幻覚、幻聴、幻臭のような感覚の異常が生じ、また、依存症や中毒症が見られるからです。

覚せい剤には、以下のようなものがあります。


メタンフェタミン

麻黄から得られるエフェドリンから合成される化合物で、中枢に作用して覚せい作用を示します。倦怠感を除くために、ヒロポンという商品名で販売されていました。


アンフェタミン

タンフェタミンが生体内でN-メチル基の脱メチル化されたものがアンフェタミンです。

p1897163115112676161123.png

覚せい剤取締法

1951年(昭和26年)に当時、乱用が問題となっていた覚せい剤を取り締まる目的で覚せい剤取締法が公布されました。

覚せい剤だけではなく、その原料も規制対象にしています。所持、譲渡、譲受だけではなく、使用輸入、輸出、製造も禁止しています。

医療や研究用途以外の使用はできないため、一時の間違いで服用することもないように肝に銘じておきたいものです。

p134916311511266903763.jpg
薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。