薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ルイス酸とは?

「ルイス酸」は、電子対を受容する(もらう)ことのできる原子です。また、これとは逆に、電子対を供与する(あげる)ことができる原子を「ルイス塩基」といいます。

ルイス酸とは?

ルイス酸は、電子をもらうことのできる空の軌道をもつ化学種です。

ルイス酸とルイス塩基とを比較すると、

となります。

電子を受け取る化学種は?

電子(プロトン)を受け取ることのできる外殻がある化学種です。


周期表が頭に入っているとわかりやすいです。

イオン状態になると、ルイス酸なのか、ルイス塩基なのかが判断しやすくなります。



簡単に区別するには?

電子を受容できるかどうかがポイントなので、原子をイオン状態にして考えると少しわかりやすくなると思います。

例えば、

ルイス塩基はこの逆と考えるとよいでしょう。

ポイントは3つ!!

・電子をもらえる外殻があるかどうか。
・水素イオンは最強のルイス酸になります。
・周期表が重要です。

薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。