薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

感染症の三大要因と対策

感染症成立の三大要因とは「感染源」「感染経路」「感受性宿主」です。感染症が成立するためにはこの三大要因が不可欠です。この三大要因のどれかを防ぐことができれば感染症にかかることはありません。ここではこの三大要因について考え、感染症の対策について掘り下げてみましょう。

感染症の三大要因とは?

感染症の三大要因は、以下の通りです。

この三大要因が全てつながったときに初めて感染症を発症します。

感染成立=感染症成立ではありません。

この三大要因のいずれかをブロックすることができれば感染症対策ができるというわけですね。

ではそれぞれの要因とその対策について考えてみましょう。

p7799441492434091848.jpg

まずは「 感染源 」とその対策

感染源とは細菌・ウィルス・真菌・原虫などの病原微生物です。
病原微生物が存在することで感染症が発生します。

感染源を断つには・・・・

ここで間違えてはいけないのが

病原微生物を退治することは、感染源対策ではない

ということです。つまり抗生物質などによる治療のことではありません。

感染源となる病原微生物は、感染症を発症している人や鳥インフルエンザなどに感染している鳥類などから排出されています。

さらにその吐物や排泄物・血液なども感染源になりえます。

実際、感染症にかかっている人の側には近寄らないですよね?それが感染源の対策になっています。

ここで気を付けなければいけないのが、潜伏期間です。

潜伏期間中は、症状があらわれませんので対処ができません。これが日和見感染の原因ともなります。

血液や便・吐物などが感染源となっている場合は、消毒が重要な対策となります。

次に「 感染経路 」とその対策です

感染経路とは感染性微生物があらたに感染する経路のことです。
大きく分けて3つの経路があげられます。

それぞれの感染経路の特徴についてまとめてみましょう。

接触感染

病原微生物が付着したものや皮膚同士の接触によっておこる感染経路です。

接触感染で感染する主な病原微生物は
O-157・ノロウィルス・疥癬などが考えられます。

空気感染

空気感染は空気中を漂っている病原微生物を吸い込むことでおこる感染経路です。
飛沫から水分が蒸発することで飛沫核となりこれが感染源となります。

空気感染で感染する病原微生物は
結核・麻疹・水疱瘡などが考えられます。 

飛沫感染

咳・くしゃみ・会話によって生じた飛沫を通じておこる感染経路です。
飛沫感染は空中に浮遊することなく飛沫が落下します。

飛沫感染で感染する病原微生物は
インフルエンザ・マイコプラズマなどが考えられます。

これらの感染経路の対策には、手洗い・消毒・マスクの着用・うがい・手袋の使用などがあります。

最後に「 感受性宿主 」とその対策です。

感受性宿主とは、免疫力の低下している宿主のことです。小児や高齢者などが該当します。

感受性宿主に対する対策はまず免疫機能を維持することです。

健康な人でも不規則な生活習慣などにより免疫機能が低下し感受性宿主となりえます。
規則正しい生活をおくり、免疫機能を維持しましょう。

小児や高齢者など本来の免疫機能が弱い感受性宿主に対しては

予防接種やワクチンによる接種によって免疫を作る方法もあります。

以上、感染症の三大要因とその対策についてまとめてみました。

日常の生活だけでなく、今後薬剤師として院内感染や高齢者施設の感染など様々な場所で対策が求められるでしょう。
その際にも参考になる基本的な考え方です。

p197394414924340911967.jpg
薬剤師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。