過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師「薬学実践問題(物理・化学・生物/実務、衛生/実務)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
[ 設定等 ]
[ 出題範囲選択 ]
病棟の看護師から、点滴静注しているラインの側管からジアゼパム注射液を注入したところ、ラインに残存する他の注射液と混ざり、白濁してしまったとの問い合わせが薬剤部にあった。
ジアゼパム注射液において、上記白濁が起こった理由として、正しいのはどれか。1つ選べ。
   1 .
亜硫酸塩を含む注射剤との混合により、加水分解を受けた。
   2 .
希釈により溶解度が低下した。
   3 .
酸性注射液との混合に伴うpHの低下により、溶解度が低下した。
   4 .
カルシウムやマグネシウム塩を含む注射剤との混合により、難溶性塩を生成した。
   5 .
生理食塩液との混合により、塩析が起こった。
( 薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(物理・化学・生物/実務、衛生/実務) 問196 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解【2】
ジアゼパム注射液は、C16H13ClN2Oの分子式で水にほとんど溶けない性質を持っている為に希釈により溶解度が低下し、白濁したと考えられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:2 

ジアゼパムは、水に対する溶解度が低いため、有機溶剤を用いて溶解しています。
他剤との併用により、溶解度が低下して結晶が析出することがあるため、他の注射剤と混合、又は希釈して使用しないこととなっています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。