薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師 薬学理論問題(薬理) の過去問 模試形式で出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 30
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 30
クリア

合格者一覧へ
受容体刺激薬と遮断薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
 1 . 
刺激薬のpD2値が大きいほど、効力が小さい。
 2 . 
pA2値は、競合的遮断薬の効力を示す。
 3 . 
受容体に結合した競合的遮断薬は、高濃度の刺激薬を共存させても受容体から解離しない。
 4 . 
遮断薬のうち、アロステリック部位に結合するものを、競合的遮断薬という。
 5 . 
部分刺激薬は、完全刺激薬により生じる最大反応を減弱させる。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

この薬剤師 過去問の解説

まだ、解説の投稿はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。