薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師 薬学実践問題(物理・化学・生物、衛生/実務) の過去問 模試形式で出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 48
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 48
クリア

合格者一覧へ
65歳女性。体重50kg。術後肺炎を発症し、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)と緑膿菌による複合感染症と診断され、アルベカシン硫酸塩とピペラシリンナトリウムの各注射液が静脈内投与された。なお、この女性の腎機能は正常である。

アルベカシン硫酸塩の最も適切な投与法はどれか。1つ選べ。
 1 . 
1回50mg、60分かけての点滴投与を1日1回、数日間にわたって実施した。
 2 . 
1回50mg、4時間かけての点滴投与を1日1回、数日間にわたって実施した。
 3 . 
1回200mg、60分かけての点滴投与を1日1回、数日間にわたって実施した。
 4 . 
1回200mg ワン・ショットでの静脈内投与を1日3回、数日間にわたって実施した。
 5 . 
1回200mg、24時間かけての持続点滴投与を数日間にわたって実施した。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48

この薬剤師 過去問の解説

まだ、解説の投稿はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。