過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師「第99回」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 344
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 344
クリア
塩化ナトリウム結晶中で働く相互作用にうち主要なものはどれか。1つ選べ。
 1 . 
ロンドン(分散)力
 2 . 
水素結合
 3 . 
静電相互作用
 4 . 
疎水性相互作用
 5 . 
双極子-双極子相互作用
( 薬剤師国家試験 第99回 必須問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は 3 です。

塩化ナトリウム(NaCl)結晶中のイオンのように陽イオン(Na⁺)と、陰イオン(Cl⁻)との間に働く力をクーロン力といい、そのクーロン力による相互作用を静電相互作用とよびます。

1:ロンドン(分散)力とは、分子内電子雲のゆらぎにより生じた瞬間双極子が、他方の無極性分子にも双極子を誘起させる事ではたらく引力です。
無極性分子におけるファンデルワールス相互作用の大部分を占めます。

2:水素結合とは、電気陰性度が非常に大きいF、O、Nなどの原子と直接結合し、部分的正電荷(δ⁺)を帯びた水素原子と、部分的負電荷(δ⁻)を帯びたF、O、Nなどの原子間に働く相互作用をいいます。
ファンデルワールス力などより結合力が強いのが特徴です。

4:疎水性相互作用とは、水溶液中に存在する疎水分子が、水を避けて集まろうとし、疎水分子間に弱い引力が働いているように見える作用をいいます。


5:双極子-双極子相互作用とは、極性分子(永久双極子)が互いに接近したとき、一方の分子のδ⁺と他方の分子のδ⁻が引き合うときに起こる相互作用をいいます。
評価後のアイコン
2015/09/04 18:40
ID : rdfpfyebwq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.ロンドン力(別名:分散力)は荷電を持たない分子(中性)が一時的に荷電状態になることで発生する力を指します。一時的なので、ロンドン力は弱いことが一般的です。

2.水素結合は、電気陰性度が高いハロゲンなどと結合することで水素が陽性に荷電します。荷電した水素は他の電気陰性度が高い元素と相互作用を生じます。これを水素結合いい、H2Oが代表例です。

3.Naはアルカリ金属、Clはハロゲン属なので荷電することで安定化する性質があります。従って、塩化ナトリウムはそれぞれNa+とCl-に荷電することでクーロン力による静電相互作用が働きます。荷電が強いほどこの働きは強いです。

4.疎水性相互作用は、難溶性分子が水を避けて集まる作用を言います。代表例は細胞膜(脂質二重層)です。

5.双極子-双極子相互作用は極性を持つ分子の陽性と陰性の間に起こる相互作用です。

一般的には荷電が伴う相互作用が強いです。
評価後のアイコン
2016/03/01 22:34
ID : cknkxohybn
評価する
1
評価しない
1.ロンドン力(別名:分散力)は荷電を持たない分子(中性)が一時的に荷電状態になることで発生する力を指します。一時的なので、ロンドン力は弱いことが一般的です。

2.水素結合は、電気陰性度が高いハロゲンなどと結合することで水素が陽性に荷電します。荷電した水素は他の電気陰性度が高い元素と相互作用を生じます。これを水素結合いい、H2Oが代表例です。

3(正解).Naはアルカリ金属、Clはハロゲン属なので荷電することで安定化する性質があります。従って、塩化ナトリウムはそれぞれNa+とCl-に荷電することでクーロン力による静電相互作用が働きます。荷電が強いほどこの働きは強いです。

4.疎水性相互作用は、難溶性分子が水を避けて集まる作用を言います。代表例は細胞膜(脂質二重層)です。

5.双極子-双極子相互作用は極性を持つ分子の陽性と陰性の間に起こる相互作用です。

一般的には荷電が伴う相互作用が強いです。
評価後のアイコン
2016/03/02 23:37
ID : cknkxohybn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。