過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師「薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 45問 正解) 全問正解まであと45問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
新生児、乳児への投与禁忌とその理由に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
   1 .
スルファメトキサゾール・トリメトプリム穎粒剤は、高ビリルビン血症を発症する恐れがあるため、新生児には投与禁忌である。
   2 .
クロラムフェニコールコハク酸エステルナトリウム注射剤は、呼吸抑制を起こすことがあるため、低出生体重児、新生児には投与禁忌である。
   3 .
アミノ安息香酸エチル末(内用)は、メトヘモグロビン血症を起こすことがあるため、乳児には投与禁忌である。
   4 .
ジアゼパム坐剤は、中枢神経抑制作用が強いので、乳児には投与禁忌である。
( 薬剤師国家試験 第99回 薬学理論問題(薬理、薬剤、病態・薬物治療) 問195 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正解:1.3

1 スルファメトキサゾールはスルホンアミド系薬物であり、
ビリルビン結合部位を競合的に阻害することにより、高ビリルビン血症を生じるため、
低出生体重児、新生児には投与禁忌です。

2 クロラムフェニコールコハク酸エステルナトリウムは、嘔吐や下痢、皮膚蒼白などをおこすため、
低出生体重児、新生児には投与禁忌です。

3 アミノ安息香酸エチルは、体内のヘモグロビンを2価鉄から3価鉄に酸化し、メトヘモグロビンとなります。
そのため、メトヘモグロビン血症を起こすことがあり、乳児には投与禁忌です。

4 ジアゼパムを乳幼児に投与すると、作用が強く出ることがあるため、慎重投与が必要です。禁忌ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解【1・3】

1.正しい記述です。

2.クロラムフェニコールコハク酸エステルナトリウム注射剤は、グレイ症候群を引き起こし、呼吸抑制の他に、嘔吐、下痢、皮膚蒼白、虚脱、呼吸停止
などの症状がでることで、低出生体重児、新生児の投与は禁忌です。

3.正しい記述です。

4.ジアゼパム坐剤は、乳児への投与は禁忌ではなく、慎重投与です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。